下村彰慶 オステオパシー人生のブログ|日本オステオパシープロフェッショナル協会

鹿児島(指宿)特別セミナー     2019.2.17

2月16日と17日の2日間において、鹿児島(指宿)で特別セミナーを開催した。

予定していた名古屋と静岡では最低催行人数が集まらなかったので、私は休息日としようとしていたのだが、それを知った牧野から矢のような催促が…。(笑)

 

しかし、開催するにしても10日前なので生徒が集まるはずがない…。

それで牧野に聞いてみた。

 

下村「マッキー 10日前やのに集められるんか?」

牧野「ハイ。どんなことをしても絶対20名は集めます!」

下村「ほんまやろなぁ…。飛行機のチケットも買わなあかんしなぁ…」

牧野「ハイ。自分にまかせて下さい!」

 

と、力強い返事。普通は頼もしい!と思うのだが、これまでの経験から…。

で、私も少し協力するか…という気になり

 

下村「わかった。セミナーテーマは何がいい?」

牧野「最近、首の痛みの取れない人が多いのでその辺のところを…」

下村「わかった。それは頚椎の問題ではないからや。それではセミナーのテーマは

頭蓋・頚椎と心臓の関係にしたらええ」

牧野「えっ、本当ですか。必ず集めますのでよろしくお願いします」

とのことだった。

指宿は1年ぶりで、私も大好きな所なのでもし集まらなくても久しぶりに休息にでも行くか!と思っていたら、マッキーのやつ本当に集めやがった。

こいつの勉強に対する貪欲さには本当に驚いた。

 

土曜日は10名。日曜日には更に10名が加わり20名になるとのこと。

そして、いつも通り土曜日に一人デモンストレーションを行った。

右膝の半月板損傷により手術をしているPTで頚部痛と腰痛及び膝の違和感がある。

もちろん、デモの治療はうまくいった。

 

そして、土曜日には心臓について教え、日曜日には二人に対してデモンストレーションを行った。

一人はPTで副鼻腔炎と右上肢の内転痛と制限がある。

もう一人もPTで、慢性腰痛で数日前の発熱により症状が悪化している。既往症として、肘・有鈎骨・膝を手術している。

ただ、今回のデモでこれまでと変わったことは、二人同時に平行して行ったことである。

つまり、一人に対しては、オステオパシーの診断に基づく針治療のみ(副鼻腔炎)、もう一人に対してはマニュピレーションのみ行ったのだ。そして二人とも完璧な結果を出した。

 

その後、セミナーを開始し脊柱や靭帯・心臓に対するアプローチを教えたのだが、受講生は大喜びで満足してもらえたようだ。

何よりも診方に対してとても喜んでもらえたようだ。

やはり、みんな変化を出せるようになりたいんだなぁ…と思えた瞬間でもある。

 

神戸に帰って2日目ぐらいに牧野に電話すると「これまで取れなかった痛みが取れるようになりました!」とのこと。

まぁ「よかった」の一言だ。

 

そうそう、今回は指宿に行って驚いたのだが、5年前は道路からハッキリと見えていた桜島が、年を追うごとに少しずつ見えにくくなっていたことに気づいてはいたが、1年ぶりに行ってみると晴れているのに殆んど見えないことだ。

神戸よりも、大気汚染はかなり深刻だ。当然「咳喘息」やその他の不具合のある患者さんが多いのも理解できる。

それも考えると、やはり行ってよかったと思えた。