下村彰慶 オステオパシー人生のブログ|日本オステオパシープロフェッショナル協会

「身体の診方と考察」セミナーを受講して part2

2021年4月30日

助産師である対馬先生よりメールを頂いたので紹介させていただく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

下村彰慶先生おはようございます。

昨日は1年2か月ぶりのJOPAセミナー!

久しぶりの神戸!

電車に乗らない生活に慣れているため多少の足腰の不安もありましたが足取りも軽く行きつくことができました!

 

セミナーでは先生ならではのお話をたくさん聞くことができ緊急事態宣言の中でも受講してよかったです。

昨今の身体の悪さに対応することの難しさを感じると実感するところでもあり、でもそれと同時に、治療職種ではない身からするとクリニックを始め町中にあふれている接骨院、鍼灸院などはどうなっているのだろう?という思いがあります。

最近近くに大きな整形外科が開院し最新設備であろう看板を掲げていますがどの程度治るのか?と思ってしまいます。

昨年末に夫が急に腰痛で歩けなくなり年中無休の整形外科に行った時もMRIで椎間板ヘルニアといわれ痛み止めの処方と電気治療&リハビリに通うよう言われ痛みが取れずさらに痛み止めの追加。

しばらく様子を見て治らなければ手術という説明でした。リハビリ室には多くの患者さんが通っていて治せない現状を目の当たりにした気がしました。

 

産科領域においても先日お伝えしたように正期産でありながら2900gを下回る体重で生まれてくる子が多いこと。

国は妊婦の体重増加が少ないのが原因と妊娠中の体重増加の目安を増やすよう指導し始めましたが問題は体重増加ではなくお腹の膨らまない妊婦さんが増えたことには気づいていません。

いえもし気付いたとしてもメディカルではどうにもできないので気付かないふりをしているのかもしれませんが…。

最後にご紹介いただいたバイタルエッセンス!琳果のデモを見た時以上に強い衝撃を受けました!世の中にはまだ(さらにまだあるという先生の言葉にワクワクしながら)こんなにも凄いものがあることに驚くと共にそれを見つけ出す先生の嗅覚・感覚の鋭さに感動しました!早速FAX入れます!

 

身体中にパッチを貼りながら治療をされている先生の姿に治療家としての素晴らしさとご苦労を感じました。

先生はどこに行っても治らず辛い思いをしていらっしゃる患者さんにとってのまさに最後の頼みの綱です。

お忙しい毎日をお過ごしと思いますが、どうぞお身体ご自愛くださいませ。7月の東京セミナー楽しみにしております。

 

JOPA会員 助産師

対馬利江子