講師詳細ムービー

初めての方が受講できるセミナー一覧
セミナー受講申込
セミナー受講システム
2020 5
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

<<4月   今月   6月>>

詳細スケジュールカレンダー

JOPAセミナーの特徴
セミナー講師紹介
セミナー施設
海外講師メッセージ
自然治癒力を活かした手技療法
歴史基礎理論主要治療例

日本トラディショナルオステオパシーカレッジ

 For English/French Speaking Osteopaths

ATSUと世界で初めて国際教育提携契約を締結!

ファースト オステオパシー

オステオパシーとは

オステオパシーは1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された療法(医学)であり、その語源はギリシャ語の「骨」を意味するOsteonと「病」を意味するPathosからなる造語である。このOsteonとは、単に「骨」という意味だけではなく、「生命体の構造」という意味を持っており、生きているものでなければOsteonとは言わない。
つまりPathosの「病気・療法」という言葉と合わせ、「生命体の構造に対する療法」ということができる。
したがってオステオパシーは、筋膜・骨・関節・頭蓋・臓器・リンパ・血管など、あらゆる器官に対する技術を持ち合わせ、さらには患者を身体・心・精神の3つから成る統一体として捉え、診察し、手技により治療を行う療法のことである。

オステオパシーについて詳しくはこちら

JOPAセミナースケジュール

過去のセミナー履歴

LIMITED
脊柱・骨盤のインダイレクトテクニック 神戸【基礎コースC-③】⇒中止[兵庫県]
このクラスでは、基礎コースC-①で学ばれた脊柱・骨盤帯・肋骨の機能障害の診断方法をもとに、インダイレクトテクニック(間接法)を用いた治療テクニックをお伝え致します。 インダイレクトテクニック(間接 ...詳細へ
2020/05/30~05/31